.
<   2013年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧
バルク測定、褒め方の話
うちの研究室でのバルク測定は色々とトラブルに見舞われたものの、ある程度いい結果を得ることが出来た。当初考えていた方向性とは少し違うけど、議論しがいのあるデータという感じか。

今回の実験は、共同研究先のM2の学生さん二人がメインで、彼らが修論をまとめるにあたって、最後の詰めとなるデータを取るのが第一の目的だった。
別の研究室の学生さんなので、毎日顔をみながら進捗を確認する訳ではないのだけど、これまで何度も一緒に出張実験などに行って、その度に成長して行く姿を見ることができた。
今回の実験では、もう自分たちから、この点の議論を深めるためにこんな測定がしたい、という主張が積極的に出るようになってきて嬉しい限り。

学生の成長と言えば、最近Web上での連載記事で面白い物があった。

著者の小島先生は30代前半の若さでスタンフォードのテニュアを取られた凄い人。
サブタイトルに「経済学者の、、、」とあるけど、経済学というよりも、大学の教員として学生の面倒を見たり、自分の研究をしたりという、いわば大学教員の日常が書かれていて、自分も(日本だけど)大学教員をやっている者として、凄いなぁと尊敬する部分も多々あり、分かるなぁと共感する部分も多く、あっという間にバックナンバーまで読み切ってしまった。(現在も連載(不定期)継続中なので、早く次の記事が読みたい)

その中で興味深かったのは、日米の大学を比較して、アメリカの大学は学生を「褒めて」「特別扱いして」モチベーションを上げるための機会が制度的に組み込まれている、という点。やはり人間褒められるとモチベーションが上がるものだけど、その学生さんが伸びるように褒めるというのはなかなか難しい。

卒研に配属された学生さんによく言うのは「これまでの学部の授業の演習問題なんかと違って、卒業研究には決まった”正解”が無い。”正解”をどこからか効率よく見つけてきて、それをまとめれば先生から○がもらえるって世界ではなくて、自分で問題を設定するところから始めて、どこまで何が分かったのかを自分で言語化しなくちゃいけない。」ということ。

研究というのはそうゆうもんだ、と自分自身も思っている訳だし、そこで学生さんの実験がうまく行ったとき「よく出来たね〜」なんて褒め方はしない。何か、与えられた課題が出来た、ことを褒めているみたいで、それはさっきの研究に取り組む姿勢と矛盾する気がする。
なので、主に「この結果は(物理的に)面白い!」と学生さんと一緒に喜ぶようにして、その喜びを学生さんと共有することでモチベーションも上がると良いなと思ってるのだけど、やはり人間は自分自身が褒められることで満たされる部分もあるんだよなぁとも思う。

記事中で小島さんも言及しているけど、教員が日常の研究活動から学生を褒めてのばすというのはかなり教員の個人的な努力に依存する部分があると思う。それから、その褒め方がその学生にはまるかという相性の問題もあると思う。

そんな中で、制度として学生を表彰する機会がある程度あって、その度にしっかり褒めるというシステムがあるのは良いなぁと思う。もちろん、賞を取ることが目的になったりすると本末転倒なのだけど、賞を取った学生に、おめでとう、よく頑張ったね、ってな感じで、その本人ことを褒める機会が節目ごとにあると効果ありそうだなぁと思う。
まぁそればかりやり過ぎてもしょうがないし、程度問題だと思うんだけどね。
by nt-neutron | 2013-12-22 23:49 | 研究日誌 | Comments(0)
12月
ぼーっとしていると今月も終わってしまう、っていうか今年も終わってしまう。。
忘れないうちにメモとして。

11月末から12月始めにかけては実験室X線での測定をやっていた。
いままでX線といえば放射光ばっかりだったんだけど、実験室X線も使えるようになるとかなり便利。何より嬉しいのはマシンタイムに余裕があるので、ちょっとお試し感覚で実験出来るということ。初めてやるような物質だとこれは非常に大きい。
今回はこれに一軸圧を組み合わせての測定。このセットアップでは初めての実験だったので、いろいろと問題点が出てきたのだけど、まぁ最初はこんなもんか。問題点が洗い出せただけでも大きな収穫。それに加えて今回の試料を準備したM2君の修論になんとか載せられそうなデータも取れて、まずまずの実験だった。

中旬は中性子科学会@柏に参加。
冒頭の来賓挨拶で、物性研所長の先生が「我々のゆるキャラでございます」と物性犬のイラストをデカデカとスライドに映して紹介していた。ゆるキャラの影響力もここまで来ると凄いな。。
講演自体も面白い物が多かった。その手法をよく知っているだけに、やっている実験や解析の凄さも非常に伝わってくる。
物理学会より長い25分の講演で、一線のneutron scattererの方々のトークを聴いていると圧倒されっぱなしで、しまいにはだんだん自分に自信が無くなってくる。。自分もこれだけしっかりした研究発表ができるようになりたいな。しかも、昔の成果のレビューではなく、今取り組んでいることとして良い発表をしたい。そのためには常に新しい物を目指して日々努力して行かなきゃいかんのだけど。がんばろう。

今週からは研究室でバルク測定。
一軸圧+電気抵抗の測定について、以前からアイディアだけはあった測定をついに実行出来ることになった。どっちに転んだとしても結果を見るのが楽しみだ。
by nt-neutron | 2013-12-16 23:44 | 研究日誌 | Comments(0)


.

某私大で助教を4年間勤めたあと、現在はR研でポスドク。専門は磁性・中性子散乱。
by nt-neutron
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
全体
日記
研究日誌
出張
Mac
未分類
ブログパーツ
お気に入りブログ
寅二
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nt-neutron at 23:22
たまたま他の調べ物してて..
by 某企業の研究者 at 08:27
マイペースが大事ですよね..
by nt-neutron at 02:03
nt-neutronさん..
by トミー at 23:08
ありがとうございます。コ..
by nt-neutron at 08:58
久しぶりにお伺いしました..
by トミー at 09:18
コメントありがとうござい..
by nt-neutron at 13:15
こちらこそ機会があればぜ..
by nt-neutron at 00:28
一軸応力が様々な現象を引..
by tnksh at 16:33
コメントありがとうござい..
by nt-neutron at 19:17
以前の記事
2017年 04月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
メモ帳
ライフログ
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧