.
<   2008年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧
ISSP
昨日の午前中は柏の東大物性研に行ってました。
c0078118_1302870.jpg

共同研究者の方とこれから書く論文の内容の打ち合わせをしてきました。
先週末から頑張って作り込んだまとめのdocumentを渡して物性研の方々にやってもらったバルク測定と、我々の中性子実験の結果の整合性等を議論して、論文全体の方向性を確認したりしました。

前日にうちの先生と割と長めに議論してあったので、説明自体はスムーズに言ったように思います。

しかし少人数で顔を突き合わせての議論ってのは、大人数の前の学会発表とかとはまた違って緊張しました。嫌な汗が背中を流れるのが分かるくらい。
割と大声でしゃべる学会とかの方が緊張を忘れられるのかもしれません。

その異質な緊張感のせいか、帰ってきてからは疲労でぐったりでしたが、この論文に盛る更なる追加の実験を頼む事が出来たし、行ったかいがあったと思います。



これを書きながら、ふとそういえば一年前くらいにも柏に行ったなぁと思ってみて見ると去年の4月の日記にほとんど同じような写真を載せてるのを発見。。進歩が無いなぁ(^^;なんとなく情けない気分になってしまいます。
by nt-neutron | 2008-07-25 01:53 | 研究日誌 | Comments(0)
オンリーワン
秋葉原の事件に続いて八王子の通り魔事件。

大学の近くと自宅の近く(八王子はそれほど近くないけど)で起こったこともあってかなりショックでした。

ほんとかどうか知りませんが、Webの記事には八王子の事件の容疑者が「大きな事件を起こせば、自分の名前がマスコミに出るようになると思った」と供述しているとありました。秋葉原の事件でも「存在を気づかせたくて、どうせやるなら大きな事件を起こしてやろうと思った」と供述しているという記事もあったように記憶しています。(←うろ覚えなので実際の記事と異なるかもしれませんが。。)

こんな事のためになぜ無関係の人が犠牲にならなくてはいけないのか。
このような事件の連鎖がこれ以上続かないように願って止みません。



最近髪を切りに行ったとき、行きつけの床屋さんのおばさんが「最近の人は、個性個性って言って自己主張ばっか強いしねぇ」という話をしてました。昔ヒットした「世界に一つだけの花」の歌詞を引き合いに出して「自分が特別。オンリーワンにならなきゃ駄目だって思いすぎて、変に歪んでるんじゃないかしら」と分析してくれました。面白い視点だと思います。

確かにオンリーワンという言葉は魅力的ですが、やはりそれだけが価値のある物ではないですよね。

もともとのメッセージとしては
「まわりを気にしてばかりいないで、自分らしく生きて行こう、それがオンリーワンだ」
という意図が含まれていたように思うのですが、イメージだけが先走った結果
「周りの人と比べて自分がオンリーワンかどうか?」
「周りの人に自分がオンリーワンと認めてもらえるかどうか?」
を重要視する人が出てくるという本末転倒な事が起きているのかもしれません。

自分の研究の事に置き換えてみても、独自性などと言いながら他グループとの違いを強調する事に躍起になってはいかんなぁと自分に言い聞かせる今日この頃です。
「オンリーワンになる事を目指して」研究しているようでは良い研究は出来ませんよね。まずは真摯に物理と向き合う事。結果として自分達の研究がオンリーワンと評価されるかどうかは時の運もあるでしょうしね。謙虚にいきましょ。
by nt-neutron | 2008-07-24 01:47 | 日記 | Comments(0)
書く事の効用
まだまだ論文準備の作業中。

いつもだったら、論文で伝えたいメッセージは自分の頭の中にちゃんとあって、それを英語に出来ないもどかしさに苦しむのだけど、今回はその逆、というかそれ以下。

自分で結果を図にまとめて、とりあえず日本語で文書を添えて、という固まりをいくつか作って並べたところで

「で、俺はいったい何を言いたいんだ?」

という根本的な疑問にぶち当たってしまいます。
大きな実験結果は4つあって、どれも重要な結果なのだけど、そのどれに重心を置くかによって論文全体の意味合いが変わってきてしまう。

うむむ、とこの丸2日悩んで自分でまとめの文章を書いては自分で駄目出しをするという作業を重ねた結果、ようやく論文全体を貫く一本のスジが見えてきた感じ。

現在もうちょっとでスタートラインに立てるかなという場所。そこから英語で書き始める作業と先生とディスカッションして行く作業がようやく始まりそう。今回も10ページ超の長い論文になりそうだし、ゴールは遠いなぁ。
by nt-neutron | 2008-07-22 01:23 | 研究日誌 | Comments(0)
最近読み始めたBlog
最近は論文の準備中。
実験結果は多岐に渡っているんだけど、その分書き出しの方向性を間違えると散漫な印象を与えかねないなぁ。一番伝えたい事は何かをよく考えて、残す物は残し、削る物は削らないと。

論文の準備の合間にWebを巡回していて見つけたBlog
2008年7月10日に亡くなられた物理学者の戸塚洋二先生(戸塚洋二-Wikipedia)のブログ

不勉強な事に僕はどこかのサイトで「戸塚洋二先生が亡くなられた」と書かれているのを見て初めて戸塚先生の名前を知ったのですが、スーパーカミオカンデでニュートリノ振動を観測し、ノーベル賞の有力候補と言われていた方だったそうです。

このブログにはたくさんカテゴリがあってすべては読み切れていないのですが「教育」「科学政策」「科学入門」あたりに書かれている事はかなり興味深いし勉強になります。
日本の「科学」はこれからどのような方向に進んで行くのか?という事について、ここに書いてある事を読んでいると少し不安になってきてしまいます。しかし、自分が科学に関わる職業に就きたいと考えている以上、もう他人事だと思っている場合じゃないという事は確かだと思います。

このBlog、なんか一気に読んでしまうのがもったいない気がして、少しずつ時間をかけて読んで行こうと思います。
by nt-neutron | 2008-07-19 02:02 | 日記 | Comments(0)
今日の白秋
B定食:豚肉と卵の辛味噌炒め
c0078118_1542440.jpg

この「豚肉と卵の〜」シリーズはどれもハズレ無し。卒業までにあと何回食べられるかな。

とりあえず解析も一段落。
来週は外部の共同研究者の人とディスカッション。
そろそろ次の論文の原型を作らねば、気がついたら秋になってしまう。。
by nt-neutron | 2008-07-16 02:28 | 日記 | Comments(0)
7月も半ば
Berlinから帰ってきてからはデータの解析&まとめdocument書き。時差ぼけがなかなかなおらないのは年を取ったからでしょうか?

CFAOの格子変調に関する論文がPRBに掲載されました。

  • Identification of microscopic spin-polarization coupling in ferroelectric phase of a magnetoelectric multiferroic CuFe1-xAlxO2
    Phys. Rev. B 78 024106 (2008)
    T. Nakajima et al.


前の二つの論文でこの系の強誘電性はたしかに「磁気構造が作り出した」ものである事を明らかにする事ができたので、今度は微視的にどのような機構でスピンと分極が結びついているかについて、その結びつき方に特徴的な格子の空間変調を放射光X線を使って見たというのが主な内容です。


実験的にはかなり大変だったし、解析も大変だった。しかし書き終わってみて思うのは、もう少し自分に実力があればもっと良い論文になっただろうなという事。

当たり前と言えば当たり前なのですが、今回はねらい所は悪くなかったという自負があっただけによけい悔やまれます。

具体的には、理論、特に固体中の量子力学の力が足りないという事。純粋な理論家を目指している訳ではないので新しい理論を構築するのは難しいですが、実験結果を「理論的に」評価して議論することは必要だと僕は考えています。そしてそれが物理と名のつく物のあり方でしょう。「実験屋は実験結果がすべて」なんて言って考える事を放棄してはいかんのだ、と自分に言い聞かせつつこれからも地道にがんばろう、少しずつ。
by nt-neutron | 2008-07-14 01:56 | 研究日誌 | Comments(0)
実験終了
3週間にわたった実験が終了。

事前に考えていたよりは遥かに収穫の多い実験だったと思います。
それだけよい結果が出たのはやはりKarelをはじめとするこちらのスタッフのサポートのおかげだと思います。手間がかかる実験、チャレンジングな実験はむしろ歓迎だよという姿勢がさすがHMI(改めHelmholtz-center)だなぁ。

毎度の事ですが、滞在中はやたらとスパゲッティをたべました。
c0078118_3142328.jpg

実験の合間を縫って食べるので作るのが簡単なスパゲッティばかりになってしまうのが、こっちに来たときの毎回の悩みです。あ〜帰ったら白秋の中華が食べてぇ。
by nt-neutron | 2008-07-05 03:21 | 出張 | Comments(0)


.

某私大で助教を4年間勤めたあと、現在はR研でポスドク。専門は磁性・中性子散乱。
by nt-neutron
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
日記
研究日誌
出張
Mac
未分類
ブログパーツ
お気に入りブログ
寅二
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nt-neutron at 23:22
たまたま他の調べ物してて..
by 某企業の研究者 at 08:27
マイペースが大事ですよね..
by nt-neutron at 02:03
nt-neutronさん..
by トミー at 23:08
ありがとうございます。コ..
by nt-neutron at 08:58
久しぶりにお伺いしました..
by トミー at 09:18
コメントありがとうござい..
by nt-neutron at 13:15
こちらこそ機会があればぜ..
by nt-neutron at 00:28
一軸応力が様々な現象を引..
by tnksh at 16:33
コメントありがとうござい..
by nt-neutron at 19:17
以前の記事
2017年 04月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
メモ帳
ライフログ
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧