.
<   2008年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧
Who's next
YouTubeでThe Whoのライブ映像を見ていたら久しぶりに彼らのアルバムが聴きたくなったので、大学の近所の中古CD屋に行って買ってきました。
フーズ・ネクスト
ザ・フー / / USMジャパン
ISBN : B000YY67CC
スコア選択:


「Who's Next」は中学から高校にかけて、自宅の近所の図書館においてあったのを良く借りました。このアルバムに入っている「Baba O'Riley」と「Won't Get Foolded Again」が聴きたくて。

The Who自体の演奏も好きですが、ほかのバンドが彼らの曲をカバーした演奏も好きです。例えば

  • OASISがカバーした「My Generation」
  • VAN HALENがカバーした「Won't Get Foolded Again」
  • Mr. BIGがカバーした「Baba O'Riley」

どれも良い演奏だと思います。よくカバーされるのは良いバンドの証しですかね。
by nt-neutron | 2008-01-31 23:11 | 日記 | Comments(0)
続・Java Programing
昨日に引き続きJava Programing。

データの取り込みから、表示、計算、出力までの一連の流れをこなせる所まで完成。
グレースケールだとダイナミックレンジ(?)が足りないので、カラーにしてみた。
大きなバグが無いかチェックして、明後日くらいにはこれを使って解析し始める予定。

細かいところだけど、カラースケールの色の連続性がやや不自然なのが不満な点。
どこかに滑らかなカラースケールを生成してくれるclassは落ちてないかな。今度探してみよう。
c0078118_20394421.jpg

by nt-neutron | 2008-01-27 20:39 | 研究日誌 | Comments(0)
Java Programing
ドイツのHahn-Meitner-Institut(HMI)での実験が無事終了。

HMIに行く時は毎回同じ装置を使っているのですが、今回行ってみたら前回と仕様が変わっていて、Detector(検出器)が2次元PSDにになっていました。

これに伴い出力されるデータの形式も大幅に変わることになってしまい、さらに専用の解析ソフト「LAMP」を使うには金がかかるとの事。(正確にはプログラム自体はFreeなのだけど、それを動かすIDLという言語(?)は1ライセンスあたり毎年7万円かかる)
最近はほとんど毎年HMIで実験しているとはいえ、この金額は割に合わない。。

そこで、データのフォーマットだけを教えてもらって、取ってきたデータ群から最低限必要な情報を取り出せるような解析機能を備えたソフトを自作する事にしました。

言語はJavaを選択。というか僕はJavaでしかGUIアプリをつくれないのですが。。
ここ2年くらいGUIのアプリケーションなんか作ってなかったので、いろんな事を忘れてましたが、過去のソースを掘り出しながらようやく骨組みが完成。

見た目やぼったいけど、正しく解析が動けばまぁよしということで。

c0078118_2237011.jpg

by nt-neutron | 2008-01-26 22:39 | 研究日誌 | Comments(2)
熊を放つ
最近読んでいて、ベルリンまでの飛行機の中で読み終わった小説。

「熊を放つ」:ジョン・アーヴィング著 村上春樹訳

アーヴィングの最初の長編小説という事で、荒削りな感じです。
大雑把にいうと動物園破りの話なんだけど、なかなか複雑な構成で説明しがたい感じ。

この作品は訳者の村上春樹さんの文章の色が強く出ているような気がします。
あるいはこの小説を訳す事で村上さんのその後の作品が影響を受けて、村上作品を読んでからこの作品を読むとそう感じるのかもしれないですが。

アーヴィング初級者には向かない作品だと思われます。
最初に読むならやはり名作「ホテル・ニューハンプシャー」かな。

熊を放つ〈上〉 (中公文庫)
ジョン アーヴィング / / 中央公論社
スコア選択:


熊を放つ〈下〉 (中公文庫)
ジョン アーヴィング / / 中央公論社
スコア選択:
by nt-neutron | 2008-01-18 03:13 | 出張 | Comments(0)
ルイスと未来泥棒
実験でドイツに来ています。

どうやら空港の手荷物検査場所に筆箱を忘れてしまったらしく、ちょい凹み。
まぁサンプルを忘れなかっただけよしとして実験に集中せねば。

くる途中の飛行機で、ディズニー映画の新作「ルイスと未来泥棒」を見ました。
発明大好きの少年ルイスが未来と現在を行き来しながら活躍する物語で、26歳の僕でもかなり楽しめました。小学生のときに見ていたら大ファンになってたかもな〜と思いました。

「ファインディング・ニモ」以降のピクサーが参加しているディズニー作品は質が高いですね。

この物語の中で語られる重要なメッセージとして「keep moving forward(前に進み続けよう)」というのがあるのですが、それを見てPhysical Review Lettersの最近のスローガン「Moving Physics Forward」を思い出しました。

映画の中でルイスたちが語っていたように、失敗しても、そこから何かを学んで前に進んでいく事が大切なんだと再認識させられたように思います。よし、がんばって実験しよう。

ルイスと未来泥棒 (出演 ダニエル・ハンセン 、アンジェラ・バセット)
/
ISBN : B000OPVT92
スコア選択:
by nt-neutron | 2008-01-16 16:10 | 出張 | Comments(0)
京都出張2日目
研究会2日目。

今日も興味深い発表が数多くありました.
いつも出てる物理学会と違って、「完成された」発表が多かったです。
学会は最新の結果が聞けるのが良い点ですが、予備知識が少ないとなかなかついて行けなかったりします。
でも、このような研究会の場合は「○○についてのこれまでの研究のまとめ」みたいな話も聞けるので、とても勉強になるなぁと実感しました。

ただ、知識を増やしただけで満足しちゃいかんですね。問題は得た知識を自分の研究に生かして行けるかどうかだと思います。


研究会終了後、前日に夕飯を食べた後輩のYさんから教えてもらった喫茶店「六曜社」へ。
コーヒーもドーナツも美味しかった。
c0078118_1441251.jpg

by nt-neutron | 2008-01-12 23:10 | 出張 | Comments(2)
研究会@京都
研究会みたいなもので京都に出張にきています。

くる途中の新幹線で駅弁を食べました。
c0078118_22202598.jpg

電車の中で食べる弁当っておいしいですね。毎回楽しみ。

研究会スタート。今回はフラストレーション系の物質についてあれこれ意見を交換し合うというような主旨なので、物質作りの話が多いかんじです。物質を「設計する」という視点をもって最先端で活躍している方々はやっぱりすごいなぁと痛感。「物質観」のようなものが違うんだろうなぁと思いました。

夕方は、去年の卒研生で京大大学院に行ったYさんと合流して先生と3人で「おばんさい(京都の家庭料理)」を食べさせてくれるお店へ。
c0078118_22265233.jpg

店のたたずまいからして素敵な感じで、期待した通り味もおいしかったです。
おいしくてお代わりを注文した鉄火めし。
c0078118_2229697.jpg

研究会は今日と明日の二日間。明日もたくさん情報収集せねば。
by nt-neutron | 2008-01-11 22:30 | 出張 | Comments(0)
UG会議
今日は高校の同級生のCO氏とM氏と白秋で晩飯を食べました。

もう高校を卒業して8年が経とうとしてるのですが、変わってないなぁというのが正直な感想でした。(特にCO氏は以前会った大学院時代よりも若返ってるんじゃないかという印象すら受けました(^^;))

刺激的な話がたくさんの非常に楽しい会議(?)でした。
二人と会うと、自分の原点に立ち戻れるような、無邪気な好奇心を呼び戻してもらったような気がします。

美味い店探しときますので、また開催しましょう!
by nt-neutron | 2008-01-08 23:47 | 研究日誌 | Comments(0)
A Prayer for Owen Meany
年末に読んだ本の記録。

ジョン・アービングの「オウエンのために祈りを」を読了。

いつまでも背が伸びず、奇妙な声を持っていて、自分が神に選ばれたと信じて疑わない少年オウエンと、その友人で物語の語り手であるジョンの物語。
アービングの小説を読んだのはこれで5作目でしたが、その中でも断トツで「悲しい」小説でした。
今まで読んだアービングの小説(代表的な所で「ホテルニューハンプシャー」や「ガープの世界」)は物語の展開が事実上終わってから、静かなエピローグとでもいうべき部分が淡々と続く部分があって、それが彼の小説の魅力になっていたのですが、「オウエンの・・・」では、物語のラストシーンの前にエピローグに相当するような部分が語られて(物語の結末自体はその中で明らかになっている)、最後がひどく悲しいラストシーンの描写で終わるという構成でした。

アービングの小説のストーリーはどれも奇抜ですが、冗長と思われるくらいの膨大で詳細な描写でもってそのストーリーと登場人物に動かしがたいリアリティを与えているように思えます。ストーリーや登場人物自体が「ありそうな」もしくは「時代に合った」物を描く事で読者の共感を得るタイプの作家ではないですね。
でもじっくり読み込むタイプの人にはかなりおすすめの作家さんだと思います。

オウエンのために祈りを〈上〉 (新潮文庫)
ジョン アーヴィング / / 新潮社
ISBN : 4102273107
スコア選択:


オウエンのために祈りを〈下〉 (新潮文庫)
ジョン アーヴィング / / 新潮社
ISBN : 4102273115
スコア選択:
by nt-neutron | 2008-01-03 15:36 | 日記 | Comments(0)
2008年スタート
2008年のスタート。

今年は自分の研究に関しては「勝負の年」になりそうです。
今年しっかり成果を出して来年の就職活動につなげないとなぁ。

当然の事ながら、自分の成果を世に出すためには自分ががんばるほか無い訳です。
村上春樹さんのエッセイにあった「腹が立ったら自分にあたれ、悔しかったら自分を磨け」の言葉を頭に刻み込んでやってこうと思います。
by nt-neutron | 2008-01-02 14:15 | 研究日誌 | Comments(0)


.

某私大で助教を4年間勤めたあと、現在はR研でポスドク。専門は磁性・中性子散乱。
by nt-neutron
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
日記
研究日誌
出張
Mac
未分類
ブログパーツ
お気に入りブログ
寅二
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nt-neutron at 23:22
たまたま他の調べ物してて..
by 某企業の研究者 at 08:27
マイペースが大事ですよね..
by nt-neutron at 02:03
nt-neutronさん..
by トミー at 23:08
ありがとうございます。コ..
by nt-neutron at 08:58
久しぶりにお伺いしました..
by トミー at 09:18
コメントありがとうござい..
by nt-neutron at 13:15
こちらこそ機会があればぜ..
by nt-neutron at 00:28
一軸応力が様々な現象を引..
by tnksh at 16:33
コメントありがとうござい..
by nt-neutron at 19:17
以前の記事
2017年 04月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
メモ帳
ライフログ
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧