.
書き物、プログラミング、教科書
PFから帰ってきてからは某学会誌の原稿を進める。先生の書いたパートと合わせて図も作って一応完成。さらに編集部に送ってチェックを受ける。依頼者の方が期待していた路線の議論になっているかはちと不安。

自分が担当している3年生の「学生実験」の授業は最後のディスカッションへ。X線回折のテーマについて実験結果とシミュレーションを合わせてみたいという学生さんが研究室まで質問に来た。Cでプログラムを組んだのだけどうまく行かないということで一緒にデバッグする。基本的なところで誤解があったようだけど、無事に実験結果に合うような回折パターンが計算できていた。
Cで無くても、エクセルで特定の反射について逆格子ベクトルの方向を計算することをやっている学生さんもちらほら見るようになったし。X線回折の概念とともに具体的な計算方法まで浸透してきているように思えるのは嬉しい。来年度から教科書の別冊付録でX線回折パタンの計算方法のコツでも書こうかな。

逆にちょっと問題なのは振動子の実験。学生同士の教え合いの中で誤解が広がっているのか、ディスカッションでも的を外している発表が目立つ。教科書を書き直して誤解しそうなところをしっかりフォローしないといけないかな。それか、実験の時間中にもう少し直接レクチャーの時間を増やすか。。


実験の教科書には常々不満を持っている。現状では教科書を読んでも分からない部分があって、TAや教員が説明して(分かる学生は)「ああ、なるほど」というようになっていると思う。でも、個人的な理想としては、教える側が学生に「直接」教える余地を(意図的であるにせよないにせよ)残しておくようなかたちはあまり良くないと思っている。
知るべきことは適切な形で教科書にしっかり書いてあって、よく出来る学生はそれをするする飲み込んで実験課題をこなすことが出来、さらに発展的な疑問を持ったところでTAや教員と議論するのが理想型(僕としては)。
もちろんみんながみんな良く出来る学生ではないから、教科書に書いてあるのに理解出来ないという部分があって、それを助けるために議論することもTAと教員の役目であると思う。

最悪なのは「書いてない」こと。それを自力で図書館で調べられる学生を良い学生とする見方もあるけど、僕はあまり好きでない。大学生には何よりも「考える」ことに力を使ってほしい。小学校の社会科のような「調べもの学習」は少なくとも学生実験の時間にやることではないと思うから。

最初にネタを上手く隠しておいて、学生達を「へぇー」と言わすことのできる先生は、一見授業のうまい先生に見えるかもしれないけど、学生時代の僕は「そんなの(隠しとかないで)先に言っといてくれよ」と思うことが多かった。この冬にまた教科書を書き直すための指針としてその頃思ったことを忘れないようにしよう。



研究室のM2君が進めている計算はだいぶ進展した。何度もやり直しを宣告したのだけど、その度に洗練された形になって先日やっと最後までたどり着いた。すごく簡単な計算だけど、磁気構造と結晶構造と誘電性がそれなりの形で結びついたのでまずは良かった。あとは修論、投稿論文へ向けてもうひと頑張りか。
by nt-neutron | 2012-12-16 23:04 | 研究日誌 | Comments(0)
<< 年末 PF実験終了、メモリー効果論文 >>


.

某私大で助教を4年間勤めたあと、現在はR研でポスドク。専門は磁性・中性子散乱。
by nt-neutron
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
日記
研究日誌
出張
Mac
未分類
ブログパーツ
お気に入りブログ
寅二
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nt-neutron at 23:22
たまたま他の調べ物してて..
by 某企業の研究者 at 08:27
マイペースが大事ですよね..
by nt-neutron at 02:03
nt-neutronさん..
by トミー at 23:08
ありがとうございます。コ..
by nt-neutron at 08:58
久しぶりにお伺いしました..
by トミー at 09:18
コメントありがとうござい..
by nt-neutron at 13:15
こちらこそ機会があればぜ..
by nt-neutron at 00:28
一軸応力が様々な現象を引..
by tnksh at 16:33
コメントありがとうござい..
by nt-neutron at 19:17
以前の記事
2017年 04月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
メモ帳
ライフログ
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧